HALLÅ TOKYO! スウェーデン系フィンランド人文化ウィーク

Date
10月 17, 2019
Location
ニュース
Share
Facebook / Twitter

 

スウェーデン系フィンランド人文化ウィーク、今年も開催!

 

フィンランドセンターは、2019年11月4日から8日まで「スウェーデン系フィンランド人文化ウィーク「 Hallå TOKYO」( Hallå はスウェーデン語で「こんにちは」を意味)を開催いたします。

 

フィンランドセンターではスウェーデン系フィンランド人という、スウェーデン語を母語とし、独自の文化、言語をもつ少数派フィンランド人文化を祝う、5日間のプログラムをご用意しました。 

 

フィンランドではフィンランド語とスウェーデン語の両方が公用語となっており、全人口の約5.3%に当たる29万人がスウェーデン系フィンランド人です。これらの人々は、スウェーデン語で “finlandssvensk”(英語では “Swedish-speaking Finns”)と呼ばれ、主にフィンランドの南西部とオーランド諸島に住んでいます。

 

今年のスウェーデン系フィンランド人文化ウィークのテーマは「クリエーターと創造」です。アイデンティティや音楽・デザイン・ファッションに加え、気候変動についての問題提起も投げかけています。

 

開催中はフィンランド・日本の両国から違ったジャンルのクリエイターをご紹介します!デザイン、ファッション、音楽、書籍、ブログにスタートアップ、主体的な視座、アイデンティティなど、すべてのクリエイティブな作品たちは私たち全ての人々に通じるものがあります。ぜひ足を運んで体感してみてください!

 

プログラム

 

11月4日(祝)

〜トークイベント: アイデンティティについて       有名TVタレントのマーク・レヴェングッド氏とともに〜 

「ルーツにプライドを」

有名なTVタレントであり、作家でもあるマーク・レヴェングッドによる、アイデンティティについてのトークイベントです。スウェーデン系フィンランド人であること、そして自分のルーツに誇りを持つ方法とは?

写真 Stellan Herner  

時間:18時〜20時(+レセプション)

場所:スパイラルルーム(スパイラル 9F)

お申し込みはこちら https://proudofhisroots.peatix.com

 

 


 

11月5日(火)

フーモルグルッペン・カイ、東京初ライブ!

〜スウェーデン系フィンランド人のコメディバンド「フーモルグルッペン・カイ」のパフォーマンスとアーティストトーク〜

日本初となる、フーモルグルッペン・カイ(ケヴィン・アクセルとヤコブによるグループ)が日本の皆さまに向けた特別なショーをお届けします!コメディと音楽を融合させたカイは、とてもユニークな響きのスウェーデン系フィンランド人の使うアクセントを使って曲を書いています。

写真 Eva Lingon  

時間:19時〜21時(開場18時半)

場所:原宿ストロボカフェ

お申し込みはこちら https://kajgoestokyo.peatix.com

 


 

11月6日(水)

  セミナー「グリーンなライフスタイル」

〜すべての人にとっての、毎日の課題〜

サステナビリティ、気候変動そして環境に優しいゼロ・ウェイスト(廃棄物ゼロ)のライフスタイルをめざす人にインスピレーションを与えてくれるセミナーです。スウェーデン系フィンランド人のユリア・デガースと、野村蘭(zerowaste.japan)とマリコ・マクティアー(Social Innovation Japan ディレクター)が登壇します。また、大学生によるプラスティックゴミをテーマにしたポスター展示も行います!

   

時間:18時〜21時

場所:駐日フィンランド大使館

お申し込みはこちら https://greenlifestyle.peatix.com

 

 

セミナー登壇者

ユリア・デガースは、フィンランド人のブロガーで、読者がよりグリーンな生活を送れるようインスパイアしています。彼女のブログGrön i Åbo (www.groniabo.fi)は、スウェーデン語および英語で更新されています。ユリアは環境にやさしいライフスタイルについての著書『Min lilla gröna』もあります。
 

野村蘭は、人気インスタグラムアカウント@zerowaste.japanを運営し、「ゼロ・ウェイスト」の暮らしに関わる発信のほか、より環境にやさしい生活を送るためのヒントを読者に与えています。
 

マリコ・マクティアーは、Social Innovation Japanの共同設立者であり代表でもあります。また、日本初の無料給水アプリMyMizuの共同設立者であると同時に、持続可能性と循環経済プロジェクトを専門とするコンサルタントでもあります。

 

写真 Julia Degerth、Ran Nomura、Mariko McTier  

 


 

11月7日(木)

  パネルディスカッション              「ファッションとデザイン業界の未来」

スウェーデン系フィンランド人のファッションデザイナー カロリナ・フロスと富永航氏が製作した作品やインスピレーションを受けたものについて議論し、フィンランドと日本のデザインの類似点などを語りましょう!

   

時間:18時〜20時(+レセプション)

場所:スパイラルルーム(スパイラル 9F)

お申し込みはこちら https://futureoffashion.peatix.com

 

カロリナ・フロスはフィンランド人ファッションデザイナーで、20世紀、中でも近代を中心に服飾に関する歴史好きです。フィンランドのアアルト大学でテキスタイル・服飾・ファッションデザインの修士号を取得しています。
写真 Emma Sarpaniemi  

 

富永航は、ファッションデザイナー兼アーティストでヘルシンキ、東京、パリそしてロンドンに住む。チェルシーカレッジオブアートにて美術修士号を取得。第31回イエール国際モード&写真フェスティバルにてグランプリを受賞。
写真 Rene Habermacher  

 


 

11月8日(金)

ザリガニパーティー(満員御礼)

さぁ、パーティの時間です!スウェーデン系フィンランド人文化ウィークの最後を飾るのは、伝統的なザリガニパーティー!(申し訳ございませんが30分で満席となりました。)シュナップスを飲む前に歌う愉快な歌と、楽しい飾りそしてもちろんザリガニとともに!

写真 Elina Suominen  

時間:18時〜21時

場所:Mace千駄ヶ谷

(満員御礼)

 


 

イベントには、無料で参加いただけますが、 Peatixを通してのご予約をお願いいたします。

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。