ユニバーサル・ネーチャー日本の現代美術家6名によるカレワラ展

JPN

ユニバーサル・ネーチャー日本の現代美術家6名によるカレワラ展

カレワラが日本にやってくる!

日本を代表する現代アーティストたちによるカレワラ展をセゾンアートギャラリーにて開催いたします。
タイトルは「ユニバーサル・ネーチャー 日本の現代美術家6名によるカレワラ展」
フィンランド民族叙事詩「カレワラ」の新しい解釈を試みる展覧会です。

6名のジャンルの違うそれぞれのアーティストがフィンランドでリサーチを行い、それぞれの「カレワラ」の解釈を新作として制作発表展示いたします。

本プロジェクトは2016年にフィンランドカレワラ協会と、フィンランドセンターでの主催事業として企画され、アーティストの選考、現地リサーチと行ってまいりました。プロジェクトの目的は、神話と民俗を解釈を広げ、新しい芸術を創造し、フィンランドと日本の相互文化理解を促進していくことです。

2009年にカレワラ協会の主催で始まり2014年にはロシアなどで大成功をおさめました。その後フィンランド、ロシア、スペイン、ベトナム、イタリア、ベナンで開催されました。

作家の表現方法、特徴も異なり、絵画、彫刻、写真、映像、マンガと多岐にわたりそれぞれの表現で解釈される「カレワラ」がどのように見えてくるのか、楽しみな展覧会です。

Screen Shot 2017-06-09 at 13.50.01     鴻池朋子さん(左)淺井裕介さん(右)

キュレーターはKEJI KUBOTA ART OFFICE代表 窪田研二さん

6名の出展アーティストは(敬称略)
淺井裕介、飯沼英樹、太田祐司、鴻池朋子、しりあがり寿、田中愛弓

会期:2017年8月6日〜27日
会場:セゾンアートギャラリー
主催:フィンランランド カレワラ協会、フィンランドセンター
共催:セゾンアートギャラリー
協力:KENJI KUBOTA ART OFFICE

アーティスト紹介:
 
鴻池朋子:

tomoko_konoike 1960年 秋田県秋田市生まれ。1985年に東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業後、玩具と雑貨の企画、デザインの仕事に携わる。1998年より絵画、彫刻、アニメーション、絵本などの手法を駆使したインスタレーションで現代の神話を描き続けている。本展では、秋田民謡とカレワラ民謡を掛け合わせた歌を鴻池本人が雪に埋まり歌っている映像作品と、カレワラ神話に登場する動物のエピソードをもとに制作された、熊と狼の毛皮に刺繍を施した作品などを発表する。

近年の主な展覧会:

「皮と針と糸と 根源的暴力Vol.3」新潟県立万代島美術館(2016)
「根源的暴力」神奈川県民ホールギャラリー(2015)
「Tomoko Konoike」ウェンディ・ノリス ギャラリー / サンフランシスコ、アメリカ(2013)ほか多数。